ポーカーをプレイした感想、評価

オンラインカジノでポーカーといえば、ベラジョンカジノやビットカジノが特に有名です。マニアも唸らせる豊富な種類のポーカーが用意されており、ベラジョンカジノに登録した人の大半がポーカーに興じていると言われています。そこで今回はベラジョンカジノと、比較のためワイルドジャングルカジノのポーカーを試してみました。

 

ベラジョンカジノのポーカーで私はまず、カジノホールデムをプレイしました。ルールは場に出されたカードを使って役を作り、ディーラーより上位の役であれば勝利というもの。一般的にポーカーといえばこのルールを指しており、スピーディーに決着が付くことからオンラインカジノ向きのルールと言えます。

 

どのルールでも言えますが、ポーカーは心理戦です。必ずしも高い役を作ることが勝利への近道とは限りません。極端な話、低い役でも相手を心理的に威圧出来れば勝利出来ます。何故ならたとえ役の上では負けていたとしても、相手をゲームから降ろさせれば勝ちとなるからです。低い役で勝負を仕掛けることはハイリスクですが、その分見返りも大きく、それがポーカーの最大の魅力となっています。ベラジョンカジノはルールが豊富なので、自分が一番勝ちやすいと感じたルールを選ぶといいでしょう。

 

ワイルドジャングルカジノではビデオポーカーを試しました。こちらは一般的なポーカーとは異なり、スロットマシンの要素が含まれています。スロットマシンは通常同じ絵柄を揃えれば賞金が貰えますが、ビデオポーカーは絵柄でポーカーの役を作って勝負します。相手が人間ではないため心理戦の要素はなく、駆け引きが苦手な人にはビデオポーカーのほうが向いています。一般的にプロのディーラーより機械のほうが勝ちやすいと言われているため、稼ぎを重視してポーカーをエンジョイする方にもビデオポーカーはオススメです。

 

本物のカジノの緊迫感を味わいたいならベラジョンカジノやビットカジノのポーカーを、とにかく勝ちに拘るならワイルドジャングルカジノのビデオポーカーがいいというのが、実際にプレイした私の感想です。